トップページ

    このサイトでは輸入車の買取で高く売りたい!というあなたにおすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「輸入車の買取で高く売りたいけど、おすすめの車買取業者はどこ?」ということが知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    輸入車を高く売るために大切なことは、「いくつかの買取業者に輸入車の買取査定してもらうこと」です。手間がかかるからといって1社にだけ買取査定を依頼したり、近くのディーラーで下取りをお願いしたりというのは間違いなく損をするので注意してください。業者間での価格競争が起こらないので査定額が安くなります。

    ランキングで紹介しているおすすめの一括査定サービスを利用すれば2分くらいで終わる簡単な入力だけで、同時に複数の業者から買取見積もりの査定額を比較することができます。あなたの輸入車を高く売却するために是非利用してみてください。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車見積もりの為の一括査定サイト。中古車といえばカーセンサーといわれるくらい知名度が高いので安心感も抜群です。
    登録業者も約1000社と断トツの多さ!最大で50社に輸入車の買取査定依頼が可能です。

    中古車買取の一括査定サイトは申し込むといつくかの車買取業者から電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール連絡をお願いすれば電話がないのでおすすめです。
    その上、全国に対応していて無料。

    「輸入車を高く買い取ってもらいたいから相場がいくらか知りたいけど、電話攻撃はちょっと…」と感じているならメール連絡で査定額が分かるカーセンサーがおすすめできます。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、ネット上ですぐにあなたが今乗っている輸入車の買取相場が表示されるだけでなく、個人情報が他社に流れないので、電話連絡はユーカーパックからの電話1本のみという車買取業界では新しいサイト。

    約2000社の車買取業者がオークション方式で買取価格を入札していくので、輸入車を高額買取してくれる買取業者が分かります。

    これまでの車査定一括サービスの場合、申し込むと複数の会社から見積りの電話がかかってくるのが当然の流れだったのですが、ユーカーパックを使った場合は電話は1社からのみなので、電話の嵐に対応する必要もありませんし、しつこいセールスを受けることもありません。
    輸入車の実車査定もガソリンスタンドもしくは自宅で1回のみ。

    査定も電話連絡も1度のみで最大2000社もの車買取業者がオークション形式で買取価格を提示してくれる今注目を集めているサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国利用者数ナンバー1の車査定一括サービスです。たった45秒あれば入力が完了しますし、入力完了後すぐに中古車の相場が分かるので、「自分が今乗っている輸入車の買取相場っていくらなの?」と感じているならおすすめです。

    申し込み後は複数の買取業者から電話が入りますが、JADRIの審査を通過した優良業者のみが登録していますので、強引な営業をされることはありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1回の査定で売ることを決定せずに、複数の業者に査定を依頼することで輸入車の高価買取の可能性が高くなります。

    最大10業者が輸入車の見積もりをしてくれるので、一番高い金額を提示してくれた会社にあなたが大切に乗ってきた輸入車を売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、1分もかからない入力後スグにネット上で中古車の買取相場が分かる有名な車買取一括サービス。
    提携している企業は約200社もあり、最大10社があなたの輸入車を査定してくれます。

    いくつもの車買取業者に査定してもらうことで実際の査定額の差を比較することができるので、いつくかの車買取業者にお願いして数年間愛用した輸入車をちょっとでも高く買い取ってもらいましょう。

    累計の利用者数は100万人以上なので実績も申し分ないですし、カスタマーサポートも対応してくれますので査定依頼の相談も可能です。






    外車王

     外車王は、その名前の通り輸入車専門の中古車買取店。
    輸入車専門15年の実績があり、年間の取扱台数は輸入車だけでも約1500台です。もちろん、地方にも対応していて出張査定の費用は無料です。

    外車王は輸入車に特化した専門店なので、他の買取業者より高く売れる可能性があります。
    そこで、まずは上記で紹介した車一括査定サービスを利用してあなたが今乗っている輸入車の買取査定の金額を出してもらいましょう。

    そして、その金額を確認した上で最後に外車王に買取査定をしてもらうのがおすすめです。他の買取業者よりも高い買取査定額を出してくれた場合は外車王にあなたが愛用してきた輸入車を売りましょう。







    出来るだけ高い値段で自分の中古車を売るためには、ひとつの店舗の査定だけで満足しないで査定を沢山の会社に依頼するのがベストな方法です。

    ほかの会社が出した査定額を提示することでその車の見積額が上がることは良くあることだからです。

    一斉に多数の買取業者に見積もり依頼するには中古車一括査定サイトを活用すると便利ですが、このときに妙に高く見積もってくるところはもしかすると詐欺に遭う可能性もありますから十分注意する必要があります。

    中古車の査定額の基準はいろいろあります。

    その中でも、走行距離数は大変大きく査定額に影響します。

    基本的には、その車の走行距離が長くなるにつれて査定金額は低下していくのです。

    走行距離が5万キロメートルを越えてしまった車は一般的に多走行車と呼んでいて、中古車のマイナス査定に影響を及ぼし始めるケースがほとんどです。

    走行距離数が10万キロメートル以上の車は走行距離オーバーの「過走行車」という扱いになって、全く査定金額が出ない場合もあるのです。

    なるべく車の査定は夜や雨降りの日にした方が良いと言う人がいて、ちょっと査定額がアップするという話があるようです。

    雨の日は水滴がついてしまいますし、夕方以降は日の光が当たりませんから車体の傷などが見えにくくなるというのが夜間などに査定依頼すべきだとの根拠になっています。

    そうは言っても、視界が良くない云々で査定額がアップするほど甘めに見てくれる人がいる事は無いといって良いでしょう。

    反対に、自分がミスしたときのことを考えに入れて、普段よりも幾分低い査定をされてしまう可能性だってあるのですよ。

    修理しようもない状態になった車は全損扱いになりますが、同じ全損にも2通りあります。

    まずは大幅に修理不能な物理的全損と、あとひとつは修理費が車両保険で賄えない状態になってしまった経済的全損です。

    普通、保険会社から支払われる給付金の額は、加入時に決まるのではなく市場評価額ベースで変化していきます。

    日本自動車査定協会発行のリファレンスなどで保険会社は市場の相場を把握しています。

    しかしながら完全というわけではないでしょうから、相場と違うのではと思ったら、納得がいくまで説明を求め、金額については交渉しましょう。

    純正以外のホイールに履き替えている車を売却する際は、出張査定に来てもらう前に純正に戻しておくことをおすすめします。

    業者による査定では普通、メーカー純正品だと高い査定額がつきやすいのです。

    状態が悪ければ意味がないのでできるだけ倉庫やひさしのある屋外で保管すると良いでしょう。

    状態にもよりますが、他社製ホイールというのは意外な値段でオークションなどで売れる例もあるため、キズをつけないようにしましょう。

    査定に訪れた業者から高額査定を提示してもらうには、ちょっとした要領がモノを言います。

    それは意思表示です。

    つまり、金額さえ満足なら即決してもいい位のアピールをしてみせ、その上で誠意ある対応を求めるのです。

    買取対象車を引き取る日時を決めてしまえば営業マンもその後の補修や清掃といった販売前のスケジュールがだいたい描けるので、こちらからの価格上乗せ交渉が成功する確率が高まります。

    年間走行距離数1万キロメートルというのが、自動車業界が標準的だと考えている基準値です。

    ただ、1万キロというのは目安としかならず、型式が古い自動車の場合には1年間の走行距離数は幾分短く考えられるものです。

    車売却の際には走行距離が少ない方がプラス査定になるのです。

    走行距離が少ない方が良いのですが、車の機械の一種ですから定期的に乗らないとかえって何かしら不具合が生じやすいものなのです。

    走行距離数があまりにもその車の年式と釣り合わないと、見積もり時にあまり大きく加点されないのが現実です。

    自分で自動車を持っていると、たとえ使う頻度が少なかったとしても維持費は同じようにかかるのです。

    自動車税は毎年かかりますし、車検は二年に一度実施しなければいけませんし、任意で加入する自動車保険料も馬鹿になりません。

    更にいうならば、持ち家でなかったとしたら、駐車場料金も上乗せされるのです。

    自動車を売ってしまおうかと考えている人は、これらの維持費を払い続けても乗り続けていたいのかじっくりと考えてみると、売却した方が結局は得かどうかがハッキリしやすいでしょう。

    何社にも査定を頼んだのに引き取ってもらえなかった場合、思い切って廃車専門の業者に査定してもらってはいかがでしょう。

    どこの査定士からもサジを投げられた車でも、専門業者なら部品単位で値付けするので少なくともタダにはなりません。

    あとは廃車という選択肢もありますが、陸運局や解体屋に行って時間をとられるよりは、業者に依頼してしまったほうが早いです。

    こうした専門業者の売りは、時間と手間のかかる廃車手続きを代わりにしてくれることと、車の処分にかかる費用が無料で済むというところです。