トップページ

    このサイトでは輸入車の買取で高く売りたい!というあなたにおすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「輸入車の買取で高く売りたいけど、おすすめの車買取業者はどこ?」ということが知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    輸入車を高く売るために大切なことは、「いくつかの買取業者に輸入車の買取査定してもらうこと」です。手間がかかるからといって1社にだけ買取査定を依頼したり、近くのディーラーで下取りをお願いしたりというのは間違いなく損をするので注意してください。業者間での価格競争が起こらないので査定額が安くなります。

    ランキングで紹介しているおすすめの一括査定サービスを利用すれば2分くらいで終わる簡単な入力だけで、同時に複数の業者から買取見積もりの査定額を比較することができます。あなたの輸入車を高く売却するために是非利用してみてください。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車見積もりの為の一括査定サイト。中古車といえばカーセンサーといわれるくらい知名度が高いので安心感も抜群です。
    登録業者も約1000社と断トツの多さ!最大で50社に輸入車の買取査定依頼が可能です。

    中古車買取の一括査定サイトは申し込むといつくかの車買取業者から電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール連絡をお願いすれば電話がないのでおすすめです。
    その上、全国に対応していて無料。

    「輸入車を高く買い取ってもらいたいから相場がいくらか知りたいけど、電話攻撃はちょっと…」と感じているならメール連絡で査定額が分かるカーセンサーがおすすめできます。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、ネット上ですぐにあなたが今乗っている輸入車の買取相場が表示されるだけでなく、個人情報が他社に流れないので、電話連絡はユーカーパックからの電話1本のみという車買取業界では新しいサイト。

    約2000社の車買取業者がオークション方式で買取価格を入札していくので、輸入車を高額買取してくれる買取業者が分かります。

    これまでの車査定一括サービスの場合、申し込むと複数の会社から見積りの電話がかかってくるのが当然の流れだったのですが、ユーカーパックを使った場合は電話は1社からのみなので、電話の嵐に対応する必要もありませんし、しつこいセールスを受けることもありません。
    輸入車の実車査定もガソリンスタンドもしくは自宅で1回のみ。

    査定も電話連絡も1度のみで最大2000社もの車買取業者がオークション形式で買取価格を提示してくれる今注目を集めているサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国利用者数ナンバー1の車査定一括サービスです。たった45秒あれば入力が完了しますし、入力完了後すぐに中古車の相場が分かるので、「自分が今乗っている輸入車の買取相場っていくらなの?」と感じているならおすすめです。

    申し込み後は複数の買取業者から電話が入りますが、JADRIの審査を通過した優良業者のみが登録していますので、強引な営業をされることはありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1回の査定で売ることを決定せずに、複数の業者に査定を依頼することで輸入車の高価買取の可能性が高くなります。

    最大10業者が輸入車の見積もりをしてくれるので、一番高い金額を提示してくれた会社にあなたが大切に乗ってきた輸入車を売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、1分もかからない入力後スグにネット上で中古車の買取相場が分かる有名な車買取一括サービス。
    提携している企業は約200社もあり、最大10社があなたの輸入車を査定してくれます。

    いくつもの車買取業者に査定してもらうことで実際の査定額の差を比較することができるので、いつくかの車買取業者にお願いして数年間愛用した輸入車をちょっとでも高く買い取ってもらいましょう。

    累計の利用者数は100万人以上なので実績も申し分ないですし、カスタマーサポートも対応してくれますので査定依頼の相談も可能です。






    外車王

     外車王は、その名前の通り輸入車専門の中古車買取店。
    輸入車専門15年の実績があり、年間の取扱台数は輸入車だけでも約1500台です。もちろん、地方にも対応していて出張査定の費用は無料です。

    外車王は輸入車に特化した専門店なので、他の買取業者より高く売れる可能性があります。
    そこで、まずは上記で紹介した車一括査定サービスを利用してあなたが今乗っている輸入車の買取査定の金額を出してもらいましょう。

    そして、その金額を確認した上で最後に外車王に買取査定をしてもらうのがおすすめです。他の買取業者よりも高い買取査定額を出してくれた場合は外車王にあなたが愛用してきた輸入車を売りましょう。







    なるべく丁寧に乗車していても付いてしまうほんの少しのへこみや薄い傷などは、マイナス査定にならないケースがほとんどですから、さほど神経質に気にする必要はないでしょう。

    それとは逆に、触ったときに引っ掛かる程度の傷や大きなへこみがあるケース、また塗装がはげていたりしては減額になりますが、マイナス査定されるのを避けようとして自分で直しても修理費以上に査定額がアップされることにはなりません。

    その程度も関係してくるので一般論ですが、車の中がヤニ臭いときには買取の見積もりをする際にマイナスになります。

    車内にタバコを吸っていた形跡がある車というものは、禁煙車を希望している人には確実に売れないからです。

    車内に漂う煙草の臭いの元凶は、内装のどこかに付着しているヤニ汚れですね。

    査定してもらう前に丁寧に車内を清掃してあげれば、煙草の臭いはかなり少なくなるに違いありません。

    買取業者に見積もりを出してもらうときに入り用になる書類は、車検証と自賠責保険証明書の二つなので誰でも直ぐ分かるところにあるでしょうから、とくに前もって準備するほどのことはありませんね。

    しかし、車の売却をするときには車の名義変更をしなくてはいけないので、それから、印鑑証明書及び自動車税納税証明書等の何枚かの証書が必要になるでしょう。

    近頃、転居や結婚などの身辺変化があって姓や住所の変更があり、印鑑証明書や車検証の内容と違う表記になっているケースでは新しい住所や姓に直すための書類が追加で必要になってくるので、このような変更がある場合には、あらかじめ確認して準備しておくと良いでしょう。

    できるだけ多くの買取業者に見積りを出してもらうことは、高値で車を売却する秘訣といえます。

    ただ、複数といっても何社位を指すのかというと10社頼んで成功した人もいれば2社で充分だったという人もいて、ケースバイケースです。

    そもそも複数の会社に依頼する意味は、比較検討するためと、相見積りという状況でできるだけ高額の査定を引き出すためです。

    本人が納得できるようなら、少なかろうと多かろうと実質変わらないということになります。

    査定に訪れた業者から高額査定を提示してもらうには、ちょっとした要領がモノを言います。

    むこうが欲しいのは「契約」ですから、金額の折り合いがつけばすぐにでも契約するアピールをしてみせ、その上で誠意ある対応を求めるのです。

    商品となる車の引取りの日にちがここで決定するとなると業者としては引取後の販売日程が確定したも同然ですから、提示価格への上乗せを求めても円満にまとまる率が高いのです。

    総走行距離が10万kmを超えてしまった車は、よく過走行車と言われ、中古車買取業者に査定に来てもらっても値段がつけられないなどというケースも多いです。

    車は命を預ける乗り物ですから、安全性を考慮して過走行車や事故車は敬遠されるのが普通です。

    このような場合にも、売却する方法がないわけではありません。

    過走行車や多走行車、事故車などを専門にしている会社に最初から依頼した方が良いです。

    でなければ下取りを考えるのもありでしょう。

    それならディーラーも先々のことを考えて相応の下取り価格を出してくる可能性が高いです。

    買取業者に出してもらった査定額は、ずっと有効なわけではないのです。

    中古車の相場価格は流動的なものですから、買取業者はどこでも一定期間の査定額保証期間を設けています。

    その車の見積金額を提示されたときにその場で売ることを決心できないときには示された見積金額がいつまで有効なのかきちんと確認するべきです。

    保証期間については交渉することもできますが、長期間同じ値段で買い取ってもらいたいと言うのは難しいでしょう。

    中古車買取会社から営業電話がたくさんかかってきて面倒な思いをすることもあるでしょうが、何店かの買取業者から見積もりを取るのは自動車を高く売却するために大切です。

    査定相場が不明だと買取業者の提示額に頷くしかできませんし、沢山の買取業者から見積もりを集めるのが相場を知る一番の近道だからです。

    即決すればお得です、などという勧誘の言葉に誘惑されてその場で売ってしまうのはなるべく避けた方が無難です。

    車売却のような大きな契約は先ず焦らないことが、出来るだけ高価に買取を成立させる手立てなのです。

    年間に1万kmという数値が、自動車業界が考えている標準の走行距離になります。

    しかし、あくまでも目安ですから、型式が古い自動車の場合には通常は年鑑の走行距離数がいくらか短くなると考えられます。

    車を買取専門店に査定に出すときには走行距離が少ない方がプラス査定になるのです。

    そうは言っても、車も機械ですから定期的に動かさないと何かしらの不具合が出てきやすいのです。

    その車の年式に対し走行距離数があまりにも短い場合には、単純に走行距離数が少ない方が査定額アップが大きいとは言えなくなってきます。