トップページ

    このサイトでは輸入車の買取で高く売りたい!というあなたにおすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「輸入車の買取で高く売りたいけど、おすすめの車買取業者はどこ?」ということが知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    輸入車を高く売るために大切なことは、「いくつかの買取業者に輸入車の買取査定してもらうこと」です。手間がかかるからといって1社にだけ買取査定を依頼したり、近くのディーラーで下取りをお願いしたりというのは間違いなく損をするので注意してください。業者間での価格競争が起こらないので査定額が安くなります。

    ランキングで紹介しているおすすめの一括査定サービスを利用すれば2分くらいで終わる簡単な入力だけで、同時に複数の業者から買取見積もりの査定額を比較することができます。あなたの輸入車を高く売却するために是非利用してみてください。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車見積もりの為の一括査定サイト。中古車といえばカーセンサーといわれるくらい知名度が高いので安心感も抜群です。
    登録業者も約1000社と断トツの多さ!最大で50社に輸入車の買取査定依頼が可能です。

    中古車買取の一括査定サイトは申し込むといつくかの車買取業者から電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール連絡をお願いすれば電話がないのでおすすめです。
    その上、全国に対応していて無料。

    「輸入車を高く買い取ってもらいたいから相場がいくらか知りたいけど、電話攻撃はちょっと…」と感じているならメール連絡で査定額が分かるカーセンサーがおすすめできます。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、ネット上ですぐにあなたが今乗っている輸入車の買取相場が表示されるだけでなく、個人情報が他社に流れないので、電話連絡はユーカーパックからの電話1本のみという車買取業界では新しいサイト。

    約2000社の車買取業者がオークション方式で買取価格を入札していくので、輸入車を高額買取してくれる買取業者が分かります。

    これまでの車査定一括サービスの場合、申し込むと複数の会社から見積りの電話がかかってくるのが当然の流れだったのですが、ユーカーパックを使った場合は電話は1社からのみなので、電話の嵐に対応する必要もありませんし、しつこいセールスを受けることもありません。
    輸入車の実車査定もガソリンスタンドもしくは自宅で1回のみ。

    査定も電話連絡も1度のみで最大2000社もの車買取業者がオークション形式で買取価格を提示してくれる今注目を集めているサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国利用者数ナンバー1の車査定一括サービスです。たった45秒あれば入力が完了しますし、入力完了後すぐに中古車の相場が分かるので、「自分が今乗っている輸入車の買取相場っていくらなの?」と感じているならおすすめです。

    申し込み後は複数の買取業者から電話が入りますが、JADRIの審査を通過した優良業者のみが登録していますので、強引な営業をされることはありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1回の査定で売ることを決定せずに、複数の業者に査定を依頼することで輸入車の高価買取の可能性が高くなります。

    最大10業者が輸入車の見積もりをしてくれるので、一番高い金額を提示してくれた会社にあなたが大切に乗ってきた輸入車を売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、1分もかからない入力後スグにネット上で中古車の買取相場が分かる有名な車買取一括サービス。
    提携している企業は約200社もあり、最大10社があなたの輸入車を査定してくれます。

    いくつもの車買取業者に査定してもらうことで実際の査定額の差を比較することができるので、いつくかの車買取業者にお願いして数年間愛用した輸入車をちょっとでも高く買い取ってもらいましょう。

    累計の利用者数は100万人以上なので実績も申し分ないですし、カスタマーサポートも対応してくれますので査定依頼の相談も可能です。






    外車王

     外車王は、その名前の通り輸入車専門の中古車買取店。
    輸入車専門15年の実績があり、年間の取扱台数は輸入車だけでも約1500台です。もちろん、地方にも対応していて出張査定の費用は無料です。

    外車王は輸入車に特化した専門店なので、他の買取業者より高く売れる可能性があります。
    そこで、まずは上記で紹介した車一括査定サービスを利用してあなたが今乗っている輸入車の買取査定の金額を出してもらいましょう。

    そして、その金額を確認した上で最後に外車王に買取査定をしてもらうのがおすすめです。他の買取業者よりも高い買取査定額を出してくれた場合は外車王にあなたが愛用してきた輸入車を売りましょう。







    一般的な中古車買取専門店が査定の際に確認する項目は、大きく分けるとどんな車種や色であるかの基本スペック、外装に傷があるかどうか(ナンバープレートも含めて考える)や総走行距離について、内装のキズや汚れ、および臭いの有無、過去に故障や事故を起こしていなかったかどうかのチェックなどが挙げられます。

    以上のような確認項目に該当したらその分マイナスしていって、査定アップの要因になる新型のカーナビやオーディオなどが付属していたらプラス査定となります。

    以上の結果と今現在の査定相場を総合的に判断して、最終的な査定金額が表示されるのです。

    中古車を高値で売りたいならば、一軒だけの見積もりで納得してしまわずにたくさんの買取業者から査定金額を提示してもらうことです。

    他の店舗が表示した見積もりの金額を言うことで査定額が変わることも往々にしてあるのです。

    複数の会社に一度に査定をお願いするためには一括査定サイトの利用が便利で良いのですが、一括査定サイトで異常に高額な査定額を表示する業者は詐欺会社かもしれませんから注意するに越したことはないでしょう。

    売買予定の車の見積額が下がってしまう原因には何点かありますが、大きく見積もり金額を下げる要因の一番大きなものは、その車が事故や故障で修理歴があるということです。

    ものによっては査定金額が付かないところまで低く査定されてしまう事もあることを覚えておくと良いでしょう。

    かといって、事故などで修理した車すべてが絶対的に修理歴車と呼称されるわけではなくて、売却予定の車の骨格に相当する部分にまで損傷が及んでいて、大きな損傷を修理した場合に修理歴車と呼称するのです。

    普通の中古車屋の場合、買取査定は無償というところが圧倒的に多いです。

    しかしながらどうせ車を買い替えるのだからとディーラーの言うがままに下取りに出すと、つい下取り額にばかり目がいって、査定代のほうまで気が回らないことがあります。

    中古屋の買取額とディーラーの下取額が同じであれば、査定手数料分だけ下取の方が損ということになります。

    無料査定が基本の中古車業者のCMなどを見た後には特に確認するのを怠りがちですので、安易に契約せず、査定にかかる費用はいくらかかるのかいま一度はっきりさせておきましょう。

    査定手数料をとる場合でも事前交渉によっては無償にしてくれることもあります。

    買取業者による実車査定は、雨の日や夜にしてもらう方が金額的に有利だという意見は根強いようです。

    晴天ほど車体のキズがくっきり見えるわけではないので、査定士が気づかず減点されずに済むからというのが理由です。

    とはいうものの、見逃す程度の擦りキズが大幅に査定に響くことは考えられません。

    実際には時間を問わずなるべく多数の業者から見積りをとるほうが良いに決まっています。

    価格競争の原理から言えば複数の同業者間で競ってくれたほうが、結果的に査定金額も高くつけざるを得ません。

    査定の時に天気が悪かったりすると、総じて車のアラが目立たないので減点されにくいと言われています。

    ただ、買取業者もそれは承知なので、「見落とさない対策」も用意されているので、今となっては絶滅寸前の噂と思ったほうがいいでしょう。

    それに掃除が行き届いている車というのは明るい晴れの日のほうが新しく美しく見えます。

    天気がどうこうという話では昔から短所もあれば長所もあるわけで、そこまで天候にこだわる必要はないでしょう。

    愛車を売却使用と考えているときに査定前に洗車しておくことは、査定額にダイレクトに反映するわけではないのですが一円でも高く売りたいオーナーには是非やってもらいたいことですね。

    たとえ車が洗ってあっても洗ってなくても、ほとんど査定アップには繋がりません。

    でも、愛車を丁寧に扱うオーナーであると言うことを結果的にアピールすることに繋がるのです。

    扱いが粗雑なオーナーよりも業者側の受けは確実に良いでしょうから、見積金額が高めに付く可能性が出てくるのですね。

    家族名義の車や別居の親族の車なども買取業者などに売却することは可能です。

    一般的な契約で必要とされる書類のほか、この場合は名義人からの委任状(認印不可、実印のみ)と印鑑証明、そしてこれも実印の押印がある譲渡証明書の三点を提出しなければなりません。

    但し、亡くなった方が所有者となっている場合は、印鑑登録も無効になりますから単純にはいきません。

    ですから、売るためには名義人の移転登録をする必要があります。

    一般的な売却と違い、亡くなられた方名義の車というのは必要書類も多く、手続きには時間がかかると見ていいでしょう。

    中古自動車を売るときなどは、きちんと心構えをしていたとしても、予測しないトラブルに遭遇してしまうことがあるのです。

    愛車の売却時に散見される事案として、既に契約が成立してから、問題が見つかったからと言われて買取額を下げる場合があるので気を付けなければいけません。

    このような場合に、もし自分側が事故や故障などの履歴を隠していたケースならばわざと申告していなかった売り手側が悪いです。

    自分に落ち度が何もない場合には、事前に査定で見落としをしてしまった方が責任を取る必要があるので、売却側には何も責任がないと言うことは了承しなくても構わないということになります。