トップページ

    このサイトでは輸入車の買取で高く売りたい!というあなたにおすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「輸入車の買取で高く売りたいけど、おすすめの車買取業者はどこ?」ということが知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    輸入車を高く売るために大切なことは、「いくつかの買取業者に輸入車の買取査定してもらうこと」です。手間がかかるからといって1社にだけ買取査定を依頼したり、近くのディーラーで下取りをお願いしたりというのは間違いなく損をするので注意してください。業者間での価格競争が起こらないので査定額が安くなります。

    ランキングで紹介しているおすすめの一括査定サービスを利用すれば2分くらいで終わる簡単な入力だけで、同時に複数の業者から買取見積もりの査定額を比較することができます。あなたの輸入車を高く売却するために是非利用してみてください。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車見積もりの為の一括査定サイト。中古車といえばカーセンサーといわれるくらい知名度が高いので安心感も抜群です。
    登録業者も約1000社と断トツの多さ!最大で50社に輸入車の買取査定依頼が可能です。

    中古車買取の一括査定サイトは申し込むといつくかの車買取業者から電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール連絡をお願いすれば電話がないのでおすすめです。
    その上、全国に対応していて無料。

    「輸入車を高く買い取ってもらいたいから相場がいくらか知りたいけど、電話攻撃はちょっと…」と感じているならメール連絡で査定額が分かるカーセンサーがおすすめできます。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、ネット上ですぐにあなたが今乗っている輸入車の買取相場が表示されるだけでなく、個人情報が他社に流れないので、電話連絡はユーカーパックからの電話1本のみという車買取業界では新しいサイト。

    約2000社の車買取業者がオークション方式で買取価格を入札していくので、輸入車を高額買取してくれる買取業者が分かります。

    これまでの車査定一括サービスの場合、申し込むと複数の会社から見積りの電話がかかってくるのが当然の流れだったのですが、ユーカーパックを使った場合は電話は1社からのみなので、電話の嵐に対応する必要もありませんし、しつこいセールスを受けることもありません。
    輸入車の実車査定もガソリンスタンドもしくは自宅で1回のみ。

    査定も電話連絡も1度のみで最大2000社もの車買取業者がオークション形式で買取価格を提示してくれる今注目を集めているサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国利用者数ナンバー1の車査定一括サービスです。たった45秒あれば入力が完了しますし、入力完了後すぐに中古車の相場が分かるので、「自分が今乗っている輸入車の買取相場っていくらなの?」と感じているならおすすめです。

    申し込み後は複数の買取業者から電話が入りますが、JADRIの審査を通過した優良業者のみが登録していますので、強引な営業をされることはありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1回の査定で売ることを決定せずに、複数の業者に査定を依頼することで輸入車の高価買取の可能性が高くなります。

    最大10業者が輸入車の見積もりをしてくれるので、一番高い金額を提示してくれた会社にあなたが大切に乗ってきた輸入車を売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、1分もかからない入力後スグにネット上で中古車の買取相場が分かる有名な車買取一括サービス。
    提携している企業は約200社もあり、最大10社があなたの輸入車を査定してくれます。

    いくつもの車買取業者に査定してもらうことで実際の査定額の差を比較することができるので、いつくかの車買取業者にお願いして数年間愛用した輸入車をちょっとでも高く買い取ってもらいましょう。

    累計の利用者数は100万人以上なので実績も申し分ないですし、カスタマーサポートも対応してくれますので査定依頼の相談も可能です。






    外車王

     外車王は、その名前の通り輸入車専門の中古車買取店。
    輸入車専門15年の実績があり、年間の取扱台数は輸入車だけでも約1500台です。もちろん、地方にも対応していて出張査定の費用は無料です。

    外車王は輸入車に特化した専門店なので、他の買取業者より高く売れる可能性があります。
    そこで、まずは上記で紹介した車一括査定サービスを利用してあなたが今乗っている輸入車の買取査定の金額を出してもらいましょう。

    そして、その金額を確認した上で最後に外車王に買取査定をしてもらうのがおすすめです。他の買取業者よりも高い買取査定額を出してくれた場合は外車王にあなたが愛用してきた輸入車を売りましょう。







    今持っている売却予定の車にどうしてもこの金額では売却不可能だと考える査定を算出して示されたときには、もちろん何が何でも売らなければならないわけではないので、売却の取りやめをしてもOKです。

    自分の車の売却価格の見積もりを出してもらったとしても、車を絶対に手放さなければならないという法律はありません。

    最初の段階の見積もりでは納得できないと伝えるとノーと言った時点から、査定金額アップのやり取りが可能になる場合もあるでしょうし、ほかの店舗に行けば今よりもずっと高い見積もりを出してくれるかもしれません。

    嫌なら遠慮しないでノーと言っても構わないのです。

    幾らかでも高く自分の車を査定してもらいたいのなら、相場を知りたいだけでなく、自分は直ぐにでも売りたいんだという思いを前面に押し出すことです。

    暇つぶしに査定はしてもらうが売るのはもっと先になるだろうという人よりも、話が決まれば今日直ぐにでも車を手放してくれる売り手の方が営業マンにとっても有り難いことでしょう。

    直ぐに売る意志がある人だと分かったならば、他社に取られる前にうちで取り引きしてもらおうと査定額をアップしてくれる可能性が高くなります。

    売買予定の車の見積額が下がってしまう要因には幾つかあるのですが、大きく見積もり金額を下げる要因の一番大きなものは、売ろうとしている中古車が過去に修理をしたことがある場合です。

    酷いケースではゼロ円査定に下がることもあることを知っておいてください。

    しかしそうは言っても、故障および事故などで修理歴があると絶対的に修理歴車と呼称されるわけではなくて、その車の骨格部分にまでダメージが広がっていて、大きな損傷を修理した場合に修理歴車と呼称するのです。

    古い車を売却してからこれから乗る予定の車が納車される日までの期間、車がないという状態になります。

    なければないなりに過ごせる人はいいのですが、車がないと困る人は代車の手配をしないことには車を売ることができません。

    けれどもすべての中古車取扱業者が代車手配をやってくれるかというと、そうでもありません。

    次の車の納車まで間が空きそうなら、売買契約をする前に代車を用意してくれるのかどうかを業者に確認しておきましょう。

    こちらに非のない状態でぶつけられたりして、車に損傷が生じた場合、それはそれでつらいですが、あとでディーラーの下取りや中古車買取に出す際は事故車扱いになりますから、値段がつかないこともあります。

    事故の原因となった相手に賠償を要求できれば良いのですが、ケース別に判例が多すぎてなんとも言えません。

    保険だけで解決しようとする場合、当事者間で話し合っても当の保険会社としては保険金の支払い対象として認めることはほぼないです。

    補償を求めるためには訴訟も考えに入れた上で法律事務所と協議したほうがいいでしょう。

    中古車買取業者に車の査定を頼むと、たいていの業者は無償でしてくれます。

    けれども手間がかからないからとディーラーの下取りで済ませてしまうと、あとで査定手数料をとられていたことに気づいて憤慨することにもなりかねません。

    中古屋の買取額とディーラーの下取額が同じであれば、査定手数料分だけ下取の方が損ということになります。

    中古車買取業者のときと同じ気持ちでいると、しばしば起こりうる失敗です。

    だからこそ、安易に契約せず、査定にかかる費用はいくらかかるのかいま一度はっきりさせておきましょう。

    有料だからといって悪いわけではありませんが、知っていれば事前交渉によっては無償にしてくれることもあります。

    完全に動かない車である「不動車」ですら、売却を諦める必要はないと言えます。

    その動かない自動車にも値段をつけてくれるところがあるかも知れませんよ。

    部品単位でみればまだ使えるものもあるかも知れませんし、パーツごとに値段をつけて見積もってくれる買取業者は存在するのです。

    一般的な中古車買取店では不動車を扱わないケースも多いため、はじめに調査して不動車取り扱いの会社にじっさいの見積もりを出してもらって納得したらそこで売却すれば良いのです。

    車の売却を考えたときに、買取り業者に売るのとディーラーの下取りで引き取ってもらうのとでは、何を一番に考えているかによってお勧め度が変化します。

    簡単に手続きが済むことを優先するならば、お勧めしたいのはディーラーへ下取りに出すことです。

    新規に車を買うことと手持ちの車を売ることの両方が叶うので、手間がかからないのが良いでしょう。

    手続きが楽なのを優先するのではなくて、1円でも高く車を売りたいのならば買取業者に出す方が良いでしょう。

    一社で納得せずに、多くの買取業者に査定を依頼する事で、一円でも高く買い取ってもらいたいという要求を叶えることができるようになります。

    支払った自動車税が月割りで戻ってくるのは、普通自動車を売りに出したりしないでそのまま廃車にすると税金が戻って来ます。

    普通自動車ではなく軽自動車の場合には、税金の還付はありません。

    しかし、自動車税を支払ったばかりで残りの期間が相当月ある場合などは、残っている税金分をプラスして買い取りしてくれる店舗もあるのです。

    しかしながら、自動車税のことについてしっかりと説明してくれるところばかりではないのです。

    特に税金分がたくさん残っている場合には、必ず契約前に質問しておきましょう。