トップページ

    このサイトでは輸入車の買取で高く売りたい!というあなたにおすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「輸入車の買取で高く売りたいけど、おすすめの車買取業者はどこ?」ということが知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    輸入車を高く売るために大切なことは、「いくつかの買取業者に輸入車の買取査定してもらうこと」です。手間がかかるからといって1社にだけ買取査定を依頼したり、近くのディーラーで下取りをお願いしたりというのは間違いなく損をするので注意してください。業者間での価格競争が起こらないので査定額が安くなります。

    ランキングで紹介しているおすすめの一括査定サービスを利用すれば2分くらいで終わる簡単な入力だけで、同時に複数の業者から買取見積もりの査定額を比較することができます。あなたの輸入車を高く売却するために是非利用してみてください。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車見積もりの為の一括査定サイト。中古車といえばカーセンサーといわれるくらい知名度が高いので安心感も抜群です。
    登録業者も約1000社と断トツの多さ!最大で50社に輸入車の買取査定依頼が可能です。

    中古車買取の一括査定サイトは申し込むといつくかの車買取業者から電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール連絡をお願いすれば電話がないのでおすすめです。
    その上、全国に対応していて無料。

    「輸入車を高く買い取ってもらいたいから相場がいくらか知りたいけど、電話攻撃はちょっと…」と感じているならメール連絡で査定額が分かるカーセンサーがおすすめできます。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、ネット上ですぐにあなたが今乗っている輸入車の買取相場が表示されるだけでなく、個人情報が他社に流れないので、電話連絡はユーカーパックからの電話1本のみという車買取業界では新しいサイト。

    約2000社の車買取業者がオークション方式で買取価格を入札していくので、輸入車を高額買取してくれる買取業者が分かります。

    これまでの車査定一括サービスの場合、申し込むと複数の会社から見積りの電話がかかってくるのが当然の流れだったのですが、ユーカーパックを使った場合は電話は1社からのみなので、電話の嵐に対応する必要もありませんし、しつこいセールスを受けることもありません。
    輸入車の実車査定もガソリンスタンドもしくは自宅で1回のみ。

    査定も電話連絡も1度のみで最大2000社もの車買取業者がオークション形式で買取価格を提示してくれる今注目を集めているサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国利用者数ナンバー1の車査定一括サービスです。たった45秒あれば入力が完了しますし、入力完了後すぐに中古車の相場が分かるので、「自分が今乗っている輸入車の買取相場っていくらなの?」と感じているならおすすめです。

    申し込み後は複数の買取業者から電話が入りますが、JADRIの審査を通過した優良業者のみが登録していますので、強引な営業をされることはありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1回の査定で売ることを決定せずに、複数の業者に査定を依頼することで輸入車の高価買取の可能性が高くなります。

    最大10業者が輸入車の見積もりをしてくれるので、一番高い金額を提示してくれた会社にあなたが大切に乗ってきた輸入車を売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、1分もかからない入力後スグにネット上で中古車の買取相場が分かる有名な車買取一括サービス。
    提携している企業は約200社もあり、最大10社があなたの輸入車を査定してくれます。

    いくつもの車買取業者に査定してもらうことで実際の査定額の差を比較することができるので、いつくかの車買取業者にお願いして数年間愛用した輸入車をちょっとでも高く買い取ってもらいましょう。

    累計の利用者数は100万人以上なので実績も申し分ないですし、カスタマーサポートも対応してくれますので査定依頼の相談も可能です。






    外車王

     外車王は、その名前の通り輸入車専門の中古車買取店。
    輸入車専門15年の実績があり、年間の取扱台数は輸入車だけでも約1500台です。もちろん、地方にも対応していて出張査定の費用は無料です。

    外車王は輸入車に特化した専門店なので、他の買取業者より高く売れる可能性があります。
    そこで、まずは上記で紹介した車一括査定サービスを利用してあなたが今乗っている輸入車の買取査定の金額を出してもらいましょう。

    そして、その金額を確認した上で最後に外車王に買取査定をしてもらうのがおすすめです。他の買取業者よりも高い買取査定額を出してくれた場合は外車王にあなたが愛用してきた輸入車を売りましょう。







    すでにご存じの方も多いかもしれませんが、インターネット上には買い取ってもらいたい車の見積もりを同時に何社にもまとめて査定してもらえる、一括査定サイトがたくさんあるのです。

    査定額を出してもらったら売却するべきという決まりはありません。

    しかも、自分の足を使って複数の会社に査定してもらいに行く手間が省けるのです。

    でも、査定してもらった会社の中には売却を勧める電話が何回もかかってくる可能性もあるので、直接電話されるのが嫌だと思う人は、電話ではなくメールでやり取りが出来る一括査定サイトを利用すれば良いのです。

    知っておいて損はないでしょうが、中古車買取の市場においては、中規模や小規模の企業と、業界大手の企業では査定スタンスが少々違ってきます。

    大手の業者は中古車販売の独自のルートもありますし、資金力もありますから、ここぞとばかりに買い取りを進めていきます。

    他方、社で決められた基準の範囲内でしか買取価格を上下することができず、提示された価格に対して交渉できる可能性はあまりありません。

    大手と比較して中小はひとつひとつ丁寧にオークションを通して販売することが主で、査定したスタッフの判断によるところが大きく、高く売れると判断されれば見積もりがアップする可能性が大きいのです。

    幾らかでも安く買い取りを行って、少しの値段でも良いから高く売却するのが実際にプロと呼ばれるに相応しい中古車店の社員でしょう。

    査定士や営業マンの話す内容を鵜呑みにするのもどうかというところがあって、買取相場よりもずっと低く売る羽目になる場合もあり得ます。

    前もってその車の査定金額の相場が大体このぐらいの金額になると確認しておき、事前調査の価格よりも低く提示された場合に交渉するつもりでいると従業員の売り文句に一矢報いることが出来るかもしれません。

    できるだけ多くの買取業者に見積りを出してもらうことは、中古車を高く売るための基本です。

    実際に何社以上の見積りをとれば良いのかと聞かれると、市場動向や決算などさまざまな要因で変わってくるので何とも言えません。

    わざわざ複数の査定を受ける目的は明らかで、市場価値を把握して安く売却するのを避けるということと、各社に競争させ買取価格の底上げを促すためのものです。

    これらの点を踏まえれば、2、3社でも十数社でも構わないでしょう。

    車に乗る人にとっては常識かもしれませんが、車の走行距離は一年に約10000キロと見積もるのが一般的です。

    年式を問わず走行距離数が5万を超えた車は多走行車と言われて当然ながら距離なりに査定ではマイナスポイントがついていき、いわゆる過走行車(総走行距離10万km以上)までいってしまうとタダ同然の査定になり、場合によっては引き取りを拒否されることもあります。

    その一方で、走行距離が短い車というのも問題です。

    車の年式に比べ走行距離数が短すぎるときは、機構の状態がむしろ悪くなり、思わぬところが故障している場合があり、あまり歓迎されません。

    買取業者が車の代金を振り込んでくるのは、正式に売買契約をしてから早くて数日、遅くて1週間といったところです。

    訪問査定当日に契約を約束したところで、必要な書類が足りなければ本契約したことにはなりません。

    できるだけ早めに振り込んでほしい場合は、業者による査定の前に、手元の書類を整理し、普通乗用車なら印鑑証明もとっておくとスムースです。

    また、書類は軽乗用車と普通乗用車とでは異なるため事前にネットなどで調べておきましょう。

    どのくらい残っているかにもよるのですが、自動車車検は見積価格を左右することがあります。

    車検切れの自動車よりも、もちろん車検が長く残っている自動車の方が良いに決まっています。

    ただ、残りの期間が一年もないくらいではほぼ査定額に影響を与えません。

    車検期間が短いと査定アップしないからといって、車検を通してから車の売却を考えるのはあまり適切ではありません。

    通常、車検を通すためのお金と査定時に上乗せされるお金とでは、車検費用の方が高く付くことがほとんどだからです。

    今まで乗っていた車を買取専門店に出して、すぐにその場でお金を受け取りたいという人は、売却金を即金で引き渡してくれる店舗を探すと良いですね。

    即金対応可能と謳っていなくても、中には相談すれば即金対応してくれるところもあります。

    そうは言っても、その場で現金を持ち帰りたいという時には、より高い見積金額は提示されなくなる可能性が高いことを覚えておいて下さい。

    即金対応を重要視するのか少しでも高く売るか、どちらの方が自分の考えに近いのかよく考え、一円でも高く売却したいならばすぐにお金を手にすることばかり固執するのはマイナスと言えるでしょう。

    車の売却についての一連の流れを説明すると次のようになります。

    手始めに査定サイトなどから申し込み、実車査定なしの簡易査定額を算出してもらいます。

    それから現物を業者から派遣された査定士が判定し、その業者が出せる査定額が決定します。

    安いと思ったら断るか、もしくは交渉を経て価格や条件に不満がなければ売買契約を締結します。

    契約締結後に車を業者に引き渡し、それから移転登録等の手続きが終わってから代金の振込があります。

    金額を確認して契約書と相違なければそれで完了です。