トップページ

    このサイトでは輸入車の買取で高く売りたい!というあなたにおすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「輸入車の買取で高く売りたいけど、おすすめの車買取業者はどこ?」ということが知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    輸入車を高く売るために大切なことは、「いくつかの買取業者に輸入車の買取査定してもらうこと」です。手間がかかるからといって1社にだけ買取査定を依頼したり、近くのディーラーで下取りをお願いしたりというのは間違いなく損をするので注意してください。業者間での価格競争が起こらないので査定額が安くなります。

    ランキングで紹介しているおすすめの一括査定サービスを利用すれば2分くらいで終わる簡単な入力だけで、同時に複数の業者から買取見積もりの査定額を比較することができます。あなたの輸入車を高く売却するために是非利用してみてください。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車見積もりの為の一括査定サイト。中古車といえばカーセンサーといわれるくらい知名度が高いので安心感も抜群です。
    登録業者も約1000社と断トツの多さ!最大で50社に輸入車の買取査定依頼が可能です。

    中古車買取の一括査定サイトは申し込むといつくかの車買取業者から電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール連絡をお願いすれば電話がないのでおすすめです。
    その上、全国に対応していて無料。

    「輸入車を高く買い取ってもらいたいから相場がいくらか知りたいけど、電話攻撃はちょっと…」と感じているならメール連絡で査定額が分かるカーセンサーがおすすめできます。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、ネット上ですぐにあなたが今乗っている輸入車の買取相場が表示されるだけでなく、個人情報が他社に流れないので、電話連絡はユーカーパックからの電話1本のみという車買取業界では新しいサイト。

    約2000社の車買取業者がオークション方式で買取価格を入札していくので、輸入車を高額買取してくれる買取業者が分かります。

    これまでの車査定一括サービスの場合、申し込むと複数の会社から見積りの電話がかかってくるのが当然の流れだったのですが、ユーカーパックを使った場合は電話は1社からのみなので、電話の嵐に対応する必要もありませんし、しつこいセールスを受けることもありません。
    輸入車の実車査定もガソリンスタンドもしくは自宅で1回のみ。

    査定も電話連絡も1度のみで最大2000社もの車買取業者がオークション形式で買取価格を提示してくれる今注目を集めているサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国利用者数ナンバー1の車査定一括サービスです。たった45秒あれば入力が完了しますし、入力完了後すぐに中古車の相場が分かるので、「自分が今乗っている輸入車の買取相場っていくらなの?」と感じているならおすすめです。

    申し込み後は複数の買取業者から電話が入りますが、JADRIの審査を通過した優良業者のみが登録していますので、強引な営業をされることはありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1回の査定で売ることを決定せずに、複数の業者に査定を依頼することで輸入車の高価買取の可能性が高くなります。

    最大10業者が輸入車の見積もりをしてくれるので、一番高い金額を提示してくれた会社にあなたが大切に乗ってきた輸入車を売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、1分もかからない入力後スグにネット上で中古車の買取相場が分かる有名な車買取一括サービス。
    提携している企業は約200社もあり、最大10社があなたの輸入車を査定してくれます。

    いくつもの車買取業者に査定してもらうことで実際の査定額の差を比較することができるので、いつくかの車買取業者にお願いして数年間愛用した輸入車をちょっとでも高く買い取ってもらいましょう。

    累計の利用者数は100万人以上なので実績も申し分ないですし、カスタマーサポートも対応してくれますので査定依頼の相談も可能です。






    外車王

     外車王は、その名前の通り輸入車専門の中古車買取店。
    輸入車専門15年の実績があり、年間の取扱台数は輸入車だけでも約1500台です。もちろん、地方にも対応していて出張査定の費用は無料です。

    外車王は輸入車に特化した専門店なので、他の買取業者より高く売れる可能性があります。
    そこで、まずは上記で紹介した車一括査定サービスを利用してあなたが今乗っている輸入車の買取査定の金額を出してもらいましょう。

    そして、その金額を確認した上で最後に外車王に買取査定をしてもらうのがおすすめです。他の買取業者よりも高い買取査定額を出してくれた場合は外車王にあなたが愛用してきた輸入車を売りましょう。







    できれば車の査定を申し込むなら夜間や雨が降っている日の方が良いという人もおり、少々査定額が高く出るという話を聞いたことがある人も居るかもしれません。

    雨の日は水滴がついてしまいますし、夕方以降は日の光が当たりませんから査定する車の汚れやキズなどのマイナス要因が判別しにくくなると言うのが理由となっているようです。

    そうは言っても、視界が良くない云々で査定額がアップするほど業者はスキルが不足しているわけではありません。

    それどころか、万が一見落としていた場合のことを考慮して、見積もりが低めに出されてしまう場合もなきにしもあらずなのです。

    沢山の会社に車の一括査定を依頼できるサイトがインターネット上には多くあります。

    そして、個人の名前などの情報を記載せずに査定可能なサイトもあります。

    査定金額が幾らぐらいになったかを知るためにメールのアドレスや電話番号は記入する必要がありますが、なるべく個人情報を開示したくないという人には便利なサービスですね。

    また、連絡先すら秘密にしたまま中古車の相場金額が分かるものとしては、メーカーのサイト上で車種や年式などを入力することで、現時点でのだいたいの価格相場を把握することができるでしょう。

    そうは言っても、本当にだいたいの値しか出ないので、やはり詳細な金額ではないので、あまり参考になるとも思えません。

    中古車販売業者のほとんどに当てはまらない事ですが、稀にしか見られない事でしょうが、悪質な中古車買取業者も存在するのです。

    その手口の一例を挙げると、見積もり査定を依頼する際に、「見積もりした後にその車を持ち帰っても良ければ査定額をアップさせることが可能ですよ」などと言われ、車の即時明け渡しを半ば強制されて、車を引き取ったが最後、お金は払わずに、その後一切連絡が途絶えてしまうという詐欺があるのです。

    通常行われる手続きをせずに何となくせわしく車を引き取ってしまおうとする業者に遭遇したら詐欺を疑った方が良いですね。

    一社でなく複数の買取会社から相見積りを取るつもりであれば、車の買い取りの一括査定サービスを行っているサイト等をうまく使うに越したことはありません。

    最近はスマホでのサイト利用も可能ですから、24時間どこでもアクセス可能なのがありがたいです。

    簡易査定の数字が出たら、価格の高い数社をピックアップして実際に話してみましょう。

    ただ、強引さが目に余る業者はあなたがそこに売ると決めたのでない限り、きっぱり断りましょう。

    純正以外のホイールに履き替えている車を売却する際は、査定士が現物を見に来る前に、できるだけ純正ホイールに戻しておく方がいいでしょう。

    一般的な査定では、もともとのメーカー品を装着している車のほうがプラス査定がつくことが多いのです。

    良い状態をキープできるよう、出来れば屋内に大事に保管しておくと良いです。

    良好な状態を維持している他メーカー製ホイールは結構良い値段でオークションで取引される場合も多いのです。

    査定を受けないことには中古車の売却はできません。

    インターネット上での査定というのは機械的な査定にすぎませんから、あとで業者による実車査定を終えてから、正式な見積額が出てきます。

    納得がいかなければ断っても構いませんし、それで良いと思ったら言われた書類を整え、業者の用意した契約書に署名捺印します。

    その後、車両の引取りと所有者の名義変更といった一連の手続きを経て売主の口座に買取代金が振り込まれ、売却に関するすべての作業が終わります。

    何ヶ月くらい残っているかによっても事情は異なりますが、「車検」は査定金額に影響します。

    当たり前かも知れませんが、車検が切れてしまっている自動車よりも車検が長く残っている自動車の方が良いに決まっています。

    有利とは言っても、車検の残り期間が1年以上なければそれほど見積金額に上乗せされることはないでしょう。

    車検切れが間近だと見積もりが下がるからと言って、車を手放す前に車検を通すようなことはしない方が良いでしょう。

    一般的に車検費用と査定アップされる金額では、前者の方が高く付くケースが多いため結果的に損をしてしまう可能性が高いのです。

    過去に事故を起こした車や総走行キロ数が10万kmを越える車だと、売却のために査定に来てもらってもタダ同然の価格になってしまうのがほとんどです。

    しかし諦めるのはまだ早いです。

    自ら抹消登録を行い廃車にする方法なら多少は自動車税の戻りが期待できます。

    そしてもうひとつは、そのような車を専門に扱う業者に査定を依頼する方法があります。

    その場合は使える部品や部位については見積もって買取価格を提示してくれるのです。

    時間と労力、金額のどれを優先するかを考え、後悔がない方を選びたいものです。

    個人で所有する車を手放す時に、買取業者に売却するのではなくて、個人同士で売り買いするというケースもあります。

    売り手と買い手の間に業者が介入しない分、売り手はより高く、買い手はより安く売買契約を結ぶことが可能になります。

    両者が得をする売買形式であるとは言え、全部の手続きを個人同士が行いますから非常に手間がかかりますし、お金の支払いに関するトラブルが多くなる可能性が高いです。

    代金の支払い方法に関して言えば、なるべく分割払いを避けるとトラブルを避けることが出来るようになりますね。