トップページ > 北海道

    このページでは北海道で輸入車買取におすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「輸入車の買取相場を調べて高く買い取りをしてくれる北海道の車買取店に売りたい!」と思っているならこのサイトで紹介しているオススメの車買取業者で調べてみてください。

    輸入車を高く買い取ってもらうために必要なことは「北海道にあるいくつかの車買取専門店に査定をしてもらう」ということです。1つの業者だけとかなじみのディーラーで下取りをしてもらおうと思っているなら間違いなく損をするのでおすすめできません。

    車買取の一括査定サービスなら2分位で入力できるので時間がかかりません。北海道にあるいくつかの車買取専門店からの査定額を比べられるので、あなたが乗っている輸入車の買取相場がすぐに分かりますよ。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車見積もりの為の一括査定サービス。中古車を売るならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい有名なので利用するのも安心です。
    提携している業者も1000社を超えて断トツの多さ!最大50社へ輸入車の買取査定依頼が可能です。

    中古車の一括サービスは利用するといつくかの車買取業者から電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール希望と連絡すれば電話がないのでおすすめです。
    当然ですが、北海道対応で利用は無料。

    「少しでも高く売りたいから輸入車の買取相場を調べたいけど、電話で営業されるのは…」と感じているならメール連絡で概算価格を伝えてくれるカーセンサーがオススメです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、ネット上ですぐにあなたが今乗っている輸入車の買取相場が表示されるうえに、個人情報が送信されない為、電話連絡はユーカーパックの1社のみという今までにない新しいサービス。

    約2000社の車買取業者がオークション方式で入札金額を提示するので、数万キロ走った輸入車でも北海道で高く売却できる車買取業者が見つかります。

    一般的な車買取一括サービスといえば、申し込むと複数の会社から見積もりの営業電話があるのが当然の流れだったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話は1社からのみなので、電話の嵐に対応する必要もありませんし、しつこいセールスを心配する必要はありません。
    輸入車の実車査定もガソリンスタンドもしくは自宅で1回のみ。

    電話も査定も1回のみで買取業者の約2000社が買取価格を入札していくという徹底的にユーザー向けのサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国利用者数ナンバー1の車査定一括サービスです。たった45秒あれば入力が完了しますし、入力完了後すぐに中古車の買取相場が表示されるので、「簡単に数年落ちの輸入車の買取相場が知りたい」と思っているならおすすめします。

    査定依頼後は複数の買取業者から電話が入りますが、日本自動車流通研究所の審査を通った優良企業のみと提携しているので、しつこい営業を受けることはありません。
    買取業者から電話がかかってきたらすぐに即決することなく、北海道に対応しているいくつかの買取業者に査定の依頼をすることで数年落ちの輸入車でも高価買取が可能になります。

    最大で10社が輸入車の見積もり査定をしてくれるため、最高の買取価格を出してくれた業者にあなたが大事に乗ってきた輸入車を売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、1分もかからない入力後スグにネット上で中古車の買取相場が分かる代表的な一括査定サイト。
    提携している企業は約200社もあり、複数の業者があなたの輸入車を査定してくれます。

    1社だけでなく複数の業者に査定額を出してもらうことで買取業者ごとの査定額を比較することができるので、北海道に対応しているいつくかの車買取業者にお願いして数年間大切にしてきた輸入車をちょっとでも高く買い取ってもらいましょう。

    累計の利用者数は100万人以上なので実績も申し分ないですし、サポートチームも充実しているので困ったことがあっても安心です。






    外車王

     外車王は、その名前の通り輸入車や外車に特化した中古車の買取業者。
    17年間、外車・輸入車を専門に買い取っており、年間の輸入車取扱台数は輸入車だけで約1500台。北海道に展開していて出張査定の費用は無料です。

    外車王は輸入車・外車専門の中古車買取の専門店なので、輸入車の買取であれば他の買取業者より高額査定が実現する可能性が高いです。
    なので、輸入車の買取査定であればとりあえずランキング上位の中古車一括査定サービスを使って概算買取価格を調べてみてください。

    いろいろな中古車買取店に査定をお願いした後で、最後に外車王に査定してもらうのがおすすめです。相場よりも高い査定額を出してくれた時にはあなたが大事に乗ってきた輸入車を売却しましょう。







    少数の例外はあるかもしれませんが、中古車販売店等に車を売った際に査定書が発行されることはなく、望んでもくれない場合が大半です。

    例えば遺産相続に関してや、自己破産の際に必要になる資産証明などで査定額が分かる証明書が必要になった際には、通称JAAI、正式名称は日本自動車査定協会へその車の査定額を見積もってもらわないといけません。

    JAAIの事業所は全国展開していて、50ヶ所以上あります。

    そして、有料での査定になっています。

    それから注意点としては、前もって予約が必要になることです。

    買取業者との間で車の売却の時に発生するかもしれないトラブルには幾つか存在しますが、トラブルの中には大変たちの悪いものもあるのです。

    査定額に納得して車を手放した後から、更にチェックしたところ不備が出てきたなどとかなり売却額を引き下げられることもあるのです。

    さらに悪質な業者の場合は、自分の車だけ取られてお金が入ってこないケースも実際にあるのです。

    これらのような質の悪いケースに巻き込まれたら、直ぐに最寄りの消費者生活センターなどに相談に行くのが得策です。

    売ろうと考えている車の査定相場が幾らくらいかを知りたくなったら、ネットを介して車の一括査定サイトにて知る方法もあるのですが、自動車メーカーのHP上で参考となる見積金額を知ることもできます。

    その自動車メーカーのサイト上なら名前などの個人情報を全然記載せずに売却希望の車の年式や車種などの基本情報のみで確認可能なところもあるので、一括査定サイトを通して見積もりを出したときのように一気に複数の業者から営業電話がしつこく掛かってくるリスクは回避できます。

    車関連の一括見積りサイトというと中古車の売却が頭に浮かびますが、ウェブから自動車保険の一括見積りを依頼できるサイトもあります。

    生命保険などと違い、自動車保険は掛け捨てで、続けても契約者にお金が戻ってくることはありませんから、好条件を提示している他社があるのなら早々に乗り換えてしまうほうがユーザーには利があるということになるわけです。

    その他の一括査定サイトと同様、無料で利用でき、手軽に複数の会社の保険内容と掛金を比べることもできます。

    常に最新の保険データなのも嬉しいところです。

    どんなに努力したところで、査定の専門家から見れば買取対象車の修復歴や事故歴は隠しおおせるものではありません。

    隠蔽行為は信頼関係を破綻させる原因として充分ですし、その後の交渉にすら支障をきたすでしょう。

    また本来申告すべき情報を隠す行為はいわば告知義務違反ということになりますから、いずれは契約破棄、減額、全額返金要求といった事態を招くだけです。

    そもそも契約書の規定にもほぼ100パーセントの確率で申告や隠蔽に関する記載があります。

    車の買取業者から代金が振り込まれるのは、契約日から数日、ないし一週間後とみておけば良いでしょう。

    担当者が査定に来て、その日のうちに契約を決めても、ひとつでも書類や印鑑などが欠けていたらその場では契約は成立しません。

    出来る限り最短で売却代金を手にしたいのであれば、売却(査定)業者を決める前に、先行して書類集めをしておくと手続きが早く済みます。

    軽自動車と普通自動車では提出書類が異なるので注意してください。

    また、住所や姓などの個人情報が変わっている人も別途書類が必要になります。

    自動車を売却する際には書類が何点か必要になります。

    何点かの書類が必要だといっても、車関連の書類をなくさずにひとまとめにしていて、なおかつ住所の変更や姓の変更がないのであれば、印鑑証明書だけ新しく取得すればOKです。

    車を売るときだけでなくて、印鑑証明は車を買うときにも必要になってくるので、2枚同時に取ってくると手間が省けて賢いですね。

    印鑑証明書は取得した日から3ヶ月間は有効です。

    所有する車の売却を決定したのならば直後に印鑑証明を取りに行くと、後々手続きが順調に運ぶことになります。

    車を持っている人なら入ることが義務付けられている自賠責保険ですが、これは一定の条件を満たせば自動車を手放すときに還付金をもらうことが可能です。

    その気になる条件ですが、自賠責保険の残りが一ヶ月以上で車を廃車にするときです。

    売却するときはお金は戻って来ません。

    それから、戻ってくるお金がある場合にも勝手に振り込まれるわけではないのです。

    自賠責保険会社に対して自らが手続きを行ってはじめて保険金が戻ってきます。

    月々のローンの返済がまだ残っている場合でも売却する方法がないわけではありません。

    要するに、ローン会社でなく自分の名前が車検証の所有者欄に記載されている場合に限られます。

    そこにまだローン会社の名前が記載されている状態では、残りの債務を返済しつくすまでは当面、所有者はそこに記載されている会社ということになります。

    つまり、返済終了後に所有者の名義を変更してからでないと売れないということになります。

    ただ、ローン会社の許可さえあれば、業者の提示した買取額をもって返済にあてるということも可能です。