トップページ > 静岡県

    このページでは静岡県で輸入車買取におすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「輸入車の買取相場を調べて高く買い取りをしてくれる静岡県の車買取店に売りたい!」と思っているならこのサイトで紹介しているオススメの車買取業者で調べてみてください。

    輸入車を高く買い取ってもらうために必要なことは「静岡県にあるいくつかの車買取専門店に査定をしてもらう」ということです。1つの業者だけとかなじみのディーラーで下取りをしてもらおうと思っているなら間違いなく損をするのでおすすめできません。

    車買取の一括査定サービスなら2分位で入力できるので時間がかかりません。静岡県にあるいくつかの車買取専門店からの査定額を比べられるので、あなたが乗っている輸入車の買取相場がすぐに分かりますよ。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車見積もりの為の一括査定サービス。中古車を売るならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい有名なので利用するのも安心です。
    提携している業者も1000社を超えて断トツの多さ!最大50社へ輸入車の買取査定依頼が可能です。

    中古車の一括サービスは利用するといつくかの車買取業者から電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール希望と連絡すれば電話がないのでおすすめです。
    当然ですが、静岡県対応で利用は無料。

    「少しでも高く売りたいから輸入車の買取相場を調べたいけど、電話で営業されるのは…」と感じているならメール連絡で概算価格を伝えてくれるカーセンサーがオススメです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、ネット上ですぐにあなたが今乗っている輸入車の買取相場が表示されるうえに、個人情報が送信されない為、電話連絡はユーカーパックの1社のみという今までにない新しいサービス。

    約2000社の車買取業者がオークション方式で入札金額を提示するので、数万キロ走った輸入車でも静岡県で高く売却できる車買取業者が見つかります。

    一般的な車買取一括サービスといえば、申し込むと複数の会社から見積もりの営業電話があるのが当然の流れだったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話は1社からのみなので、電話の嵐に対応する必要もありませんし、しつこいセールスを心配する必要はありません。
    輸入車の実車査定もガソリンスタンドもしくは自宅で1回のみ。

    電話も査定も1回のみで買取業者の約2000社が買取価格を入札していくという徹底的にユーザー向けのサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国利用者数ナンバー1の車査定一括サービスです。たった45秒あれば入力が完了しますし、入力完了後すぐに中古車の買取相場が表示されるので、「簡単に数年落ちの輸入車の買取相場が知りたい」と思っているならおすすめします。

    査定依頼後は複数の買取業者から電話が入りますが、日本自動車流通研究所の審査を通った優良企業のみと提携しているので、しつこい営業を受けることはありません。
    買取業者から電話がかかってきたらすぐに即決することなく、静岡県に対応しているいくつかの買取業者に査定の依頼をすることで数年落ちの輸入車でも高価買取が可能になります。

    最大で10社が輸入車の見積もり査定をしてくれるため、最高の買取価格を出してくれた業者にあなたが大事に乗ってきた輸入車を売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、1分もかからない入力後スグにネット上で中古車の買取相場が分かる代表的な一括査定サイト。
    提携している企業は約200社もあり、複数の業者があなたの輸入車を査定してくれます。

    1社だけでなく複数の業者に査定額を出してもらうことで買取業者ごとの査定額を比較することができるので、静岡県に対応しているいつくかの車買取業者にお願いして数年間大切にしてきた輸入車をちょっとでも高く買い取ってもらいましょう。

    累計の利用者数は100万人以上なので実績も申し分ないですし、サポートチームも充実しているので困ったことがあっても安心です。






    外車王

     外車王は、その名前の通り輸入車や外車に特化した中古車の買取業者。
    17年間、外車・輸入車を専門に買い取っており、年間の輸入車取扱台数は輸入車だけで約1500台。静岡県に展開していて出張査定の費用は無料です。

    外車王は輸入車・外車専門の中古車買取の専門店なので、輸入車の買取であれば他の買取業者より高額査定が実現する可能性が高いです。
    なので、輸入車の買取査定であればとりあえずランキング上位の中古車一括査定サービスを使って概算買取価格を調べてみてください。

    いろいろな中古車買取店に査定をお願いした後で、最後に外車王に査定してもらうのがおすすめです。相場よりも高い査定額を出してくれた時にはあなたが大事に乗ってきた輸入車を売却しましょう。







    なるべく車の査定は夜や雨降りの日にした方が良いと言う人がいて、見積額が少々上がるという話を聞いたことがある人も居るかもしれません。

    夕方からは暗くなって視界が悪くなりますし、雨や雪などが降っていればそれが邪魔になって外装の汚れや傷などが分かり難くなるというのが夜間などに査定依頼すべきだとの根拠になっています。

    そうは言っても、視界が良くない云々で査定額がアップするほど担当者も甘くはないのです。

    それどころか、万が一見落としていた場合のことを考慮して、普段よりも幾分低い査定をされてしまう可能性だってあるのですよ。

    中古車を出来るだけ安価に入手し、ほんの少しでも高価に売るのが中古車販売店勤務の営業マンの仕事でしょう。

    販売店のスタッフの話をハナからすべて信用してしまうと、本当ならもっと高く売れたはずなのに損する場合だって考えられます。

    自分の車の現時点での相応しい査定金額が何円相当かしっかりと調査しておいて、相場よりも安価に契約しようとされたときに自分の方から駆け引きするつもりでいると営業マンのセールストークを鵜呑みにしなくても良くなります。

    普通にしていても勝手にできてしまう程度の軽い傷やへこみなどは、減点対象として査定されないことがほとんどですから、気にしすぎる心配はないでしょう。

    触ったときに明らかに引っ掛かる程度のキズや充分に分かる程度のへこみ、それから塗装がはげていたりすれば査定時に減額されますが、マイナス査定されるのを避けようとして自分で費用を出して直したとしても修理費以上に査定額がアップされることにはなりません。

    買取業者による実車査定は、雨の日や夜にしてもらう方が本来の額より高く見積もってもらえる可能性が高いという話をたまに聞きます。

    暗くて反射光も少なく車体が見にくいため、減点を受けにくく、結果として高額になりえるという理屈です。

    とはいうものの、見逃す程度の擦りキズが大幅に査定に響くことは考えられません。

    実際には査定士の都合さえ良ければ昼でも夜でも短期間に一社でも多く見積りに来てくれたほうが良いに決まっています。

    価格競争の原理から言えば複数の同業者間で競ってくれたほうが、全体的に提示金額が高くなるというメリットがあります。

    中古車屋に車で行って直接査定してもらおうと思っているなら、お店が特に混雑しているような土休日などでなければ基本的に飛び込みでも大丈夫です。

    ただ、持ち込みということになると相場もわからなければ価格競争もありません。

    仮に相場を無視した大幅な安値で売買契約を結んでしまう危険性もあります。

    スピード重視ならそれもありかもしれませんが、本来は複数の業者に出張査定してもらい、多くの見積りをとるほうがより高い額で売却することができます。

    売却先を決める前に複数の会社に査定してもらうことは、中古車屋に車を高く買い取ってもらうためのセオリーだといわれています。

    実際に何社以上の見積りをとれば良いのかと聞かれると、10社頼んで成功した人もいれば2社で充分だったという人もいて、ケースバイケースです。

    そもそも複数の会社に依頼する意味は、市場価値を把握して安く売却するのを避けるということと、他にも競争相手がいるということで全体的に査定額が高くなることを期待したものです。

    目的が達成できるのでしたら、査定は何社から受けようと実質変わらないということになります。

    一般的に自動車業界が考慮する走行距離のスタンダードは年間で1万キロメートルとなっています。

    しかしながら、1万キロメートルというのは目安で、年式が旧型ならば通常は年鑑の走行距離数がいくらか短くなると考えられます。

    車を買い取りに出す場合には走行距離数が少ない方が有利です。

    走行距離が少ない方が良いのですが、車の機械の一種ですから定期的に乗らないと却って不調になることが多いのです。

    車の年式に対して極端に走行距離が少なすぎる場合には、査定額アップの幅は少なくなってしまうのが実情です。

    仲の良い友人が自分の車を買いたいと申し出たときなどには、代金の支払いなどの約束事が曖昧になりやすいですね。

    自動車を売ると言うことは多額のお金が動く事柄ですね。

    親密な間柄のこととは言え、支払い方法や車の売却金額、名義変更の期日など、トラブルになりやすい重要な項目に関してはきちんと書面に書き残しておくべきです。

    念書に残すのを嫌がる相手では、どんなに親しい間柄でも後からいざこざに発展する場合があるので、なるべくなら売買するのを止めた方が良いでしょう。

    自分以外、たとえば家族や親類名義の車であろうと、買取業者などに売却することは可能です。

    売買契約時に通常の書類一式に追加する形で、所有者の印鑑証明書、所有者による委任状(実印押印)、車を誰が誰に譲渡したのかという譲渡証明書が不可欠です。

    ただ、所有者が故人のときは、これらの書類を書いてもらうことは出来ません。

    このときは、売るためには名義人の移転登録をする必要があります。

    その場合は書類も増えますし、手続きには時間がかかると見ていいでしょう。