トップページ > 静岡県

    このページでは静岡県で輸入車買取におすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「輸入車の買取相場を調べて高く買い取りをしてくれる静岡県の車買取店に売りたい!」と思っているならこのサイトで紹介しているオススメの車買取業者で調べてみてください。

    輸入車を高く買い取ってもらうために必要なことは「静岡県にあるいくつかの車買取専門店に査定をしてもらう」ということです。1つの業者だけとかなじみのディーラーで下取りをしてもらおうと思っているなら間違いなく損をするのでおすすめできません。

    車買取の一括査定サービスなら2分位で入力できるので時間がかかりません。静岡県にあるいくつかの車買取専門店からの査定額を比べられるので、あなたが乗っている輸入車の買取相場がすぐに分かりますよ。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車見積もりの為の一括査定サービス。中古車を売るならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい有名なので利用するのも安心です。
    提携している業者も1000社を超えて断トツの多さ!最大50社へ輸入車の買取査定依頼が可能です。

    中古車の一括サービスは利用するといつくかの車買取業者から電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール希望と連絡すれば電話がないのでおすすめです。
    当然ですが、静岡県対応で利用は無料。

    「少しでも高く売りたいから輸入車の買取相場を調べたいけど、電話で営業されるのは…」と感じているならメール連絡で概算価格を伝えてくれるカーセンサーがオススメです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、ネット上ですぐにあなたが今乗っている輸入車の買取相場が表示されるうえに、個人情報が送信されない為、電話連絡はユーカーパックの1社のみという今までにない新しいサービス。

    約2000社の車買取業者がオークション方式で入札金額を提示するので、数万キロ走った輸入車でも静岡県で高く売却できる車買取業者が見つかります。

    一般的な車買取一括サービスといえば、申し込むと複数の会社から見積もりの営業電話があるのが当然の流れだったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話は1社からのみなので、電話の嵐に対応する必要もありませんし、しつこいセールスを心配する必要はありません。
    輸入車の実車査定もガソリンスタンドもしくは自宅で1回のみ。

    電話も査定も1回のみで買取業者の約2000社が買取価格を入札していくという徹底的にユーザー向けのサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国利用者数ナンバー1の車査定一括サービスです。たった45秒あれば入力が完了しますし、入力完了後すぐに中古車の買取相場が表示されるので、「簡単に数年落ちの輸入車の買取相場が知りたい」と思っているならおすすめします。

    査定依頼後は複数の買取業者から電話が入りますが、日本自動車流通研究所の審査を通った優良企業のみと提携しているので、しつこい営業を受けることはありません。
    買取業者から電話がかかってきたらすぐに即決することなく、静岡県に対応しているいくつかの買取業者に査定の依頼をすることで数年落ちの輸入車でも高価買取が可能になります。

    最大で10社が輸入車の見積もり査定をしてくれるため、最高の買取価格を出してくれた業者にあなたが大事に乗ってきた輸入車を売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、1分もかからない入力後スグにネット上で中古車の買取相場が分かる代表的な一括査定サイト。
    提携している企業は約200社もあり、複数の業者があなたの輸入車を査定してくれます。

    1社だけでなく複数の業者に査定額を出してもらうことで買取業者ごとの査定額を比較することができるので、静岡県に対応しているいつくかの車買取業者にお願いして数年間大切にしてきた輸入車をちょっとでも高く買い取ってもらいましょう。

    累計の利用者数は100万人以上なので実績も申し分ないですし、サポートチームも充実しているので困ったことがあっても安心です。






    外車王

     外車王は、その名前の通り輸入車や外車に特化した中古車の買取業者。
    17年間、外車・輸入車を専門に買い取っており、年間の輸入車取扱台数は輸入車だけで約1500台。静岡県に展開していて出張査定の費用は無料です。

    外車王は輸入車・外車専門の中古車買取の専門店なので、輸入車の買取であれば他の買取業者より高額査定が実現する可能性が高いです。
    なので、輸入車の買取査定であればとりあえずランキング上位の中古車一括査定サービスを使って概算買取価格を調べてみてください。

    いろいろな中古車買取店に査定をお願いした後で、最後に外車王に査定してもらうのがおすすめです。相場よりも高い査定額を出してくれた時にはあなたが大事に乗ってきた輸入車を売却しましょう。







    ネット上の中古車一括査定サイトなどを使って確認できる査定額は、どうしても簡易的な方法で導き出された査定金額です。

    同じ年式の同じ車種だったとしても、個々の車によってボディーの状態などは千差万別で当然ですから、その車ごとの査定額は中古車を見ながら確認しないことには導き出せません。

    ですから、オンライン査定で得られた情報通りの価格が必ずしも実買取時に同じように示される訳ではないので、注意すべきと言えますね。

    自分の足で実際にお店に行くことをしないで、いっぺんに多くの業者の見積もりを比べることが可能なのが、インターネットを利用した一括査定サイトの利点です。

    スピーディーに査定できるので、時間が一気に節約可能です。

    しかしながら、いっぺんに沢山の買取業者に見積もりを依頼している以上、メリットばかりだけではなくて、たくさんの買取業者から一斉に連絡が来ることになるかもしれません。

    電話攻撃に疲れ果ててしまったり、単なる査定だけでは済まされない雰囲気で売却を迫る会社があるデメリットもあることを承知した上で利用すべきでしょう。

    オンラインで中古車を一括査定できるサイトの中には、個人の名前などの情報を記載せずに査定可能なサイトもあります。

    査定金額が幾らぐらいになったかを知るためにメールのアドレスや電話番号は記入する必要がありますが、個人情報はできるだけ開示したくない方は積極的に利用すると良いかもしれません。

    メールアドレスや電話番号すら明かさずに相場金額を見たい時には、メーカーのサイト上で車種や年式などを入力することで、参考価格を知ることが可能でしょう。

    参考価格が分かると言っても、ザックリしたものでしかありませんから、さほど意味がないかもしれません。

    業者が提示した買取額で了解し、車を売却しようという段階になったら売主が用意しなければいけない書類がいくつかあります。

    普通車と軽自動車では印鑑や書類の種類も違うので注意しなければいけません。

    どちらの場合も必要になるのは車検証で、ほかにリサイクル券(預託済みの場合)、自賠責保険の保険証、自動車税納税証明書の用意は必須です。

    また普通乗用車の場合は実印と印鑑証明が必要で、軽自動車ならスタンプ印以外であれば認印で構いません。

    よって印鑑証明書も不要です。

    一般に買取業者に中古車を売却する際、査定にかかる費用は請求されないのが普通です。

    その一方で、カーディーラーに下取り査定を頼むときには、あとで査定手数料をとられていたことに気づいて憤慨することにもなりかねません。

    中古屋の買取額とディーラーの下取額が同じであれば、査定手数料分だけ下取の方が損ということになります。

    業者の無料査定を経験した人ほど費用面のことは失念しやすいですから、査定手数料が必要なのかどうか契約前に念のために確認するようにしてください。

    査定は有料だと言うのであれば、そこはディーラーにとっては不利ですから、交渉の余地ありということになります。

    出張査定を買取業者に依頼すると、金額を提示した業者は即決を促すでしょう。

    ここで即決なら買取金額を幾らアップしてもいいなどという営業アピールがあるのが一般的で、熱心さに負ける人もいますが、乗せられないように気をつけてください。

    車を売却する際はより多くの買取業者から見積りを集めるのが良い査定額を引き出すコツなのです。

    とりあえず多くの会社から見積りを出してもらい、検討材料が揃って納得がいってから次の交渉段階に進めばいいのです。

    けして焦りは禁物です。

    自分が所有する車を売却しようと考えているならば、へこみやキズが目立つ車よりもない車の方がプラス査定になるでしょう。

    しかしながら、自分でそれらの傷を補修しようと考えると、プロが見ると却って目立ってしまうケースが散見します。

    きれいに乗っていても勝手に付いてしまう薄い傷などは、見積もりの段階で問題にならないこともあるのです。

    自動車修理をしたことが無い人がほとんどでしょうから、無理矢理自分で補修しようとせずに、傷やへこみのあるまま査定に出してしまった方が良い結果を生むことが多いです。

    愛車を手放す際に、業者を通さないでも全部の契約手続きを自分で実施可能な暇と知識があるのならば、個人間の取り引きの方が一番高値で売れる方法と言って良いでしょう。

    でも個人売買するとトラブルが起きやすいのも事実です。

    その中でも頻繁に起きるのが車の名義変更と支払いに関する事項です。

    名義変更関連は、決められた日にちまでにしっかりと名義変更してくれるように紙にしたためることで解決します。

    お金関連のトラブルは、1回目の支払いだけちゃんとして2回目以降は支払ってくれない事がないように現金一括払いのみで対応すると余計な金銭トラブルは起きないでしょう。

    車のローンを完済する前でも場合によっては車を売ることもできます。

    ただ、車検証の所有者欄が売却する人と同じである場合に限られます。

    もしローン会社の社名が車検証に記載されている時は、すべての債務の返済が済むまでのあいだは所有者名を変更することはできません。

    要するに、ローンが終わってからでなければ売ろうにも売ることが出来ないのです。

    ただ、ローン会社の許可さえあれば、車の売却益を返済に充当するという条件つきで売ることができます。